くらし情報『『猫なんかよんでもこない。』ちちぶ映画祭で最速上映』

2015年11月16日 14:33

『猫なんかよんでもこない。』ちちぶ映画祭で最速上映

『猫なんかよんでもこない。』ちちぶ映画祭で最速上映
猫好きの、猫好きによる、猫好きのための大人気コミックを実写で映像化した『猫なんかよんでもこない。』の最速お披露目上映が、ちちぶ映画祭2015の最終日となる15日に行われ、主人公(風間俊介)の兄役を演じるつるの剛士、原作者の杉作氏、山本透監督が出席した。

ちちぶ映画祭2015/その他の写真

原作は、実話を基に猫2匹とダメボクサーの交流を描いた杉作の人気コミック。映画は、風間がボクシングに人生を捧げる三十路寸前の男・ミツオを演じ、兄が突然ひろってきた子猫の兄弟“超やんちゃなチン”と“超気ままなクロ”と生活することになった“猫初心者”ミツオのかけがえのない日々が描かれる。

この作品にふさわしく大の猫好きな3人。中でも芸能界随一の猫好きとして知られているつるのが、「猫好きだからキャスティングされたって噂があるんですが……」と監督に問い詰めると、監督は「それだけじゃないけど、それも理由の一つ。猫の抱き方からして普通の人と違うから素晴らしかった!」と猫好き俳優としての演技を絶賛。また、杉作氏もつるのに対して、「バッチリの演技で、かつての自分の生活を色々思い出しましたね。画を描くのもとても上手で、ハッキリ言って、僕より上手い(笑)」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.