くらし情報『今年のテーマは“スポーツ” 夏休みは「大昆虫展in東京スカイツリータウン」で!』

2019年8月2日 16:25

今年のテーマは“スポーツ” 夏休みは「大昆虫展in東京スカイツリータウン」で!

今年のテーマは“スポーツ” 夏休みは「大昆虫展in東京スカイツリータウン」で!

(画像左から)カブトムシゆかり、哀川翔、井上咲楽


世界中の珍しい昆虫やカブトムシを観察できる夏休みの人気イベント「大昆虫展in東京スカイツリータウン」が今年の夏も好評を博している。都会ではなかなかみつけることが難しい300匹の生きたカブトムシと触れ合える「ふれあいの森」(8月からはクワガタも追加される)を中心に、今年も魅力あふれる展示が用意された。7月19日に行われた内覧会では、同展覧会のアンバサダーを務めるカブトムシマニアの俳優、哀川翔を中心に、応援大使のカブトムシゆかり、応援団長を務める井上咲楽、監修協力の九州大学総合研究博物館助教の丸山宗利、昆虫食研究家の内山昭一らが見どころを語った。

【チケット情報はこちら】

7回目となる今年の大昆虫展のテーマは「スポーツ」。小さな体に秘められた昆虫の脅威のパワーを解き明かし、虫になり切る様々な装置が登場する。例えば、力自慢の子どもたちにお勧めしたいのが「カブトムシパワー」。綱を引っ張る力を測定し、ルリボシカミキリ級から最強のヘラクレスオオカブト級まで測定できる。また、樹にぶら下がる虫の力を体感できるのが「昆虫ボルダリング」、その他、オリンピックの競技方式で短距離走やジャンプ力のある虫の標本の展示も。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.