くらし情報『動線と収納に工夫が光る!家事が楽しくなるキッチン【住まいの設計】』

2018年8月1日 11:50

動線と収納に工夫が光る!家事が楽しくなるキッチン【住まいの設計】

三重県・鈴鹿市内にお住まいの早川さん夫妻の家づくりのテーマは、「毎日の家事が楽しくなる家」。

住まいの主役は、窓の外に豊かな緑を眺めるLDKです。

■ 借景の緑を堪能する、気持ちのいいL字型のLDK

L字型のLDK


リビングに入ると、目の前に木のキッチンとダイニング、畳スペースがL字に広がる早川邸。

「仕事から帰って、ドアを開けたときのこの眺めがお気に入り。好きなものに囲まれた空間にホッとします」と夫。

外観


敷地南西側の借景を楽しめるよう、くつろぎの場であるLDKと畳スペースをL字型にレイアウト。

左側の黒い平屋部分が畳スペース、1階の中央がLDK、右側の突き出た部分がサンルームです。

光と風、緑を効果的に取り込めるよう窓の配置も工夫しています。
サンルーム
サンルーム

サンルームからL字のデッキ越しにダイニングが見えます。

LDK


LDKの中心はオリジナルのこだわりキッチン。庭の先の借景の緑まで見渡す特等席です。
ダイニング
ダイニング

ダイニングはキッチンの向かいではなく横に配置。回り込む必要がないため、配膳や片付けもスムーズです。

キッチンからダイニングにかけて壁一面に収納をデザインし、一角にPCコーナーを設けました。

「視界が抜けて心地よいので、ダイニングで過ごす時間も長くなりました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.