くらし情報『「四角形の家」がいちばん住みやすい!飯尾和樹さん【すまいの話、しませんか】no.13』

2019年4月30日 21:30

「四角形の家」がいちばん住みやすい!飯尾和樹さん【すまいの話、しませんか】no.13

様々なジャンルで活躍する方をゲストに迎えて、“すまい”にまつわるお話を伺うこのシリーズ。

それぞれのライフスタイルの中で、「家に求めるもの」や「大切にしているもの」を深掘りしていきます。

第13回目は、数多くのバラエティ番組に出演しているお笑いコンビ・ずんの飯尾和樹さんが登場。

間取り図を見るのが趣味という、自他ともに認める「家好き」の飯尾さんの理想の家について聞いてみました。

■ 「リビングは1階がいい!」とタモリさんからアドバイスされました!

飯尾さん


「住宅雑誌をよく買うので『あ、この家また載ってる』と、分かるほどの家好きです(笑)。
街をぶらぶらするロケでは、見かけたモデルハウスにいきなり入ったりすることも。
渡辺篤史さんの『建もの探訪』も欠かさず録画してるし、家を見ること自体、一種の娯楽になってるんです」

このように話すのは、独自な世界観の芸風でバラエティに引っ張りだこの芸人・飯尾和樹さん。

飯尾さん


現在、自他ともに認める「家好き」だが、子どもの頃にはすでにその傾向が表れていたという。

「子どもの頃、夏休みに親にコテージに連れていってもらっても、遊ぶことより、吹き抜けを見て『なんで、2階をつくらないんだろう?もったいないなぁ』なんて思ってました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.