くらし情報『衣替え前の丁寧な「しまい洗い」で衣類が長持ち。節約効果も大!』

2018年9月17日 21:30

衣替え前の丁寧な「しまい洗い」で衣類が長持ち。節約効果も大!

にあります。

特に汚れが付きやすいのは、エリや脇の下です。

お気に入りの衣類やおしゃれ着に黄ばみを作らないためには、こうした箇所におしゃれ着用洗剤を直接塗って洗濯するか、液体酸素系漂白剤とおしゃれ着用洗剤液の中に15分くらい漬け込んでから洗う「つけこみ洗い」を行うと、繊維の奥に蓄積した汚れをしっかり落とすことができます。
2位「しわ」
麻の服

rachel / PIXTA(ピクスタ)

麻や綿素材の夏服は、特にしわがつきやすいものです。

麻はしわになりやすいので、おしゃれ着用洗剤でやさしく洗うとしわが付きにくく、型崩れも抑えることができます。

洗濯するときは、洗濯ネットにたたんで入れておくと、しわができるのを軽減できます。

しわを回避するために、ハンガーで吊るして収納する方法もオススメです。
3位「ニオイ」
漬けこみ洗い
Fuchsia / PIXTA(ピクスタ)

ニオイ対策には、しまい洗いの際に、液体酸素系漂白剤と洗剤を使った「つけこみ洗い」が有効です。

皮脂汚れには液状の汚れ(オレイン酸)が含まれています。

極細の化学繊維を使った機能性インナーは、繊維の奥に汚れが入り込みやすく、普段の洗濯では落としきれなかった皮脂がニオイの発生源になってしまいます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.