くらし情報『衣替え前の丁寧な「しまい洗い」で衣類が長持ち。節約効果も大!』

2018年9月17日 21:30

衣替え前の丁寧な「しまい洗い」で衣類が長持ち。節約効果も大!

洗剤をたたいてしみ込ませることで、汚れが出て落ちやすくなりますよ。
洗濯ネット

freeangle / PIXTA(ピクスタ)

食べこぼしのシミを見つけたら、液体酸素系漂白剤をつけておきましょう。

洗濯機に入れる際は、ネットを使います。

袖と裾が表に出るように「袖だたみ」をして洗濯ネットに入れ、「おしゃれ着コース」などの弱い水流でやさしく洗います。脱水後は手のひらで布地を挟んでパンパンと叩き、しわを伸ばすように広げます。

干すときは、ハンガーを3つ使って蛇腹状に折りたたんで掛けると、型崩れ予防になります。

陰干しで、色あせを防止しながら乾かすといいでしょう。
水着
水着

Viktoriia / PIXTA(ピクスタ)

プールの水には除菌のための塩素が含まれており、濡れた水着をそのままにしておくと色落ちしてしまうことがあります。

色落ちを防ぐためにも、水着は脱いだらすぐ水洗いしましょう。

肌に日焼け止めクリームを塗った場合は、水着にも付着しています。

家に帰ったら、日焼け止めなどで汚れた部分におしゃれ着用洗剤の原液を塗り、やさしく手洗いしましょう。

肩ひもをつまんで干すと、型崩れするおそれが。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.