くらし情報『広々土間とウォークスルー収納でゆとりある住まい【リライフプラス】』

2019年2月7日 21:30

広々土間とウォークスルー収納でゆとりある住まい【リライフプラス】

コンパクトな寝室


寝室はミニマルに設計しました。

室内物干しスペースにつながる奥の部分は、腰壁のみにとどめて圧迫感を解消。

必要に応じてブラインドで目隠しするスタイルで、右側の”ウエスタン扉”から出入りできるようにしました。

床は足触りのいいサイザル麻カーペット。

子ども部屋にもできるフリースペース


将来の子ども室を想定したフリールームは、2室に分けることも可能です。

室内窓を付けたことで、土間側からの光も取り込めるように。

■ 自転車を2台置いてもゆとりある土間

奥行きのある広々土間


「玄関に2人分の自転車やサーフボードを置きたいとお願いしたところ、奥行きのある土間の提案をいただいたんです」と夫。

玄関前の個室の位置を少しずらし、奥まで貫く広い土間スペースを造りました。

そして、窓からの光を生かすために個室側に室内窓を設置し、足場板でラフに仕上げた下駄箱を添えています。

また、正面奥の壁のみ黒く塗装することで、奥行きある空間を引き締めています。

マンション内にも半屋外の駐輪場はありますが、この土間のおかげで自転車の傷みや盗難の心配もありません。

ディスプレイも兼ねて身近に置ける点も気に入っているそう。

また、いずれ子どもができたときにはベビーカーを置くスペースとしても使う予定です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.