くらし情報『狭い部屋が広くなる!いますぐできる「部屋の模様替え」のコツ4つ』

2019年2月16日 21:30

狭い部屋が広くなる!いますぐできる「部屋の模様替え」のコツ4つ

そして、お部屋の印象を、実際以上に狭くします。

階段からリビングダイニングへ、またリビングダイニングから階段へ移動する赤い動線に、1人掛けチェアやマガジンラックがぶつかります。

こちらを通る際は、常に1人掛けチェアをダイニングテーブルにしまうなど、とても不便です。

またマガジンラックを移動しても、1人掛けチェアとキッチン壁が近いため、たいへん窮屈です。

■ 2.「出窓」には、物を置かない

出窓の部分に、物を置いているご家庭も多いと思います。
出窓

horiphoto / PIXTA(ピクスタ)

しかし、出窓は外壁から飛び出して取り付けられているため、外気温の影響をまともに受けます。

そのため寒い日は、室内側に結露を起こします。
結露
travelers.high / PIXTA(ピクスタ)

結露水はガラスを伝わり、サッシ枠にたまり、ダニ・カビの発生源となります。

出窓に物を置けば、この結露の被害を受けます。

出窓の結露は、サッシを断熱性能の高いものに交換しないと完全には防げません。

しかし、少しでも軽くするためには、出窓の手前に断熱カーテンまたは内窓(2重サッシ)をつけ、ガラス面に暖かく湿った空気が触れるのを防ぐのが効果的です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.