くらし情報『狭い部屋が広くなる!いますぐできる「部屋の模様替え」のコツ4つ』

2019年2月16日 21:30

狭い部屋が広くなる!いますぐできる「部屋の模様替え」のコツ4つ

今回は、狭い部屋を広くなって使いやすくなる!部屋に模様替えするためのコツ4つを、相談実例を使ってご紹介します。

皆さんは、お部屋が狭いのは、狭い間取りのせいで仕方ないと思っていませんか?

しかし意外にも、多くの方は家具の配置ミスから、部屋を狭く使っていることが多いのです。

■ 1. 人の動く「動線」には、家具を置かない

ご相談にいらしたAさんは、40代女性、家族構成は、ご夫婦と中学生の息子さんがいらっしゃいます。

家の間取りは、LDK+和室・洋室・寝室の4LDK。都心に近い、木造3階建ての築15年の戸建て住宅です。

「リビングダイニングが狭いので何とかしたい!」という、お悩みでした。
リビングダイニング

Richman21 / PIXTA(ピクスタ)

都心の戸建て住宅は、土地が狭小になりやすく、そのため、各階の面積が小さくなりがちです。

Aさんのご自宅も例外ではなく、2階リビングが小さく、また約2.45m×5.25mと細長いため、たいへん使いにくい形をしています。

LD間取り図を見てください。

間取り図


赤の矢印で示したものは、人が動く「動線」です。

この動線ですが、動線同士がぶつかったり、またはなにか障害物が置いてあると、当然ですが不便です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.