くらし情報『年収1000万円でも「貯金0円」になってしまう5つのNG習慣』

2016年1月23日 18:00

年収1000万円でも「貯金0円」になってしまう5つのNG習慣

年収1000万円でも「貯金0円」になってしまう5つのNG習慣


みなさんは10年後、20年後の家計をイメージできていますか?

「いまは貯金できないけど、もっと収入が上がれば貯金ができるようになるはず!」

そう思っている人もいるかもしれません。実際、たとえば夫婦ともに正社員の共働き世帯ならば、世帯年収1,000万円はそれほど非現実的な数字ではありません。

しかし、そんな幻想を覆す驚きのデータがあります。

年収1,000万円~1200万円未満で貯蓄のない世帯・・・10.8%

年収1,200万円以上で貯蓄のない世帯・・・11.8%

なんと、高収入世帯の1割は貯蓄ができていないのです。金銭的に余裕があるにもかかわらず、貯金ができない。そんな共働き世帯が、いま増えています。

そこで、節約アドバイザーのヨースケ城山さんに「年収1,000万円でも貯金0円世帯の要注意な習慣5つ」を教えていただきました。年収が上がっても、こういったことはしないように気を付けていきましょう。

■1:毎月の支出をお互いが把握していない

「お互いにいくら使っているのか、把握していない家庭がけっこう多いんです。共働きで世帯年収1,000万円以上に多いケースです」と城山さん。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.