くらし情報『なぜフリーの眼科医は無報酬で1万人以上を失明から救ったのか?』

2016年5月19日 23:00

なぜフリーの眼科医は無報酬で1万人以上を失明から救ったのか?

目次

・お金はすべて「持ち出し」
・医者は特別な存在じゃない
・父親を侮辱した医師の言葉
・大切なのはいまこの瞬間!
suzie.20160519a


『人間は、人を助けるようにできている』(服部匡志著、あさ出版)の著者は、開業することなく、どこの大学や病院にも属してもいないというフリーの眼科医。

14年にわたり、ベトナムで無償の医療活動を続けているのだといいます。

その取り組みは、テレビ東京系列のドキュメンタリー番組『カンブリア宮殿』でも取り上げられたばかりなので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

「フリーの眼科医」というポジションを貫き続ける人がいること自体が驚きですが、1ヶ月の半分は、北は盛岡から南は鹿児島まで、約10ヶ所の病院を渡り歩き、診察と手術を行っているのだとか。

そして残りの半分は、ベトナムの首都ハノイと地方に足を運び、貧しい人たちのために働いているというのです。

自宅で丸一日過ごせるのは年に1日か2日だけだという話にも、十分納得できます。

■お金はすべて「持ち出し」

そういう話を聞くと、つい頭をよぎるのは「どうやって生活しているの?」という純粋な疑問ですが、その答えは意外なくらいにシンプルでストレート。

つまりは日本全国の病院で働いて得た収入で、家族の生活はもちろんのこと、ベトナムでの活動費用もすべてまかなっているということ。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.