くらし情報『「口元が下がる」「手に力が入らない」は脳梗塞のサイン!? 寝たきりを防ぐための予防法とは【医師解説】』

「口元が下がる」「手に力が入らない」は脳梗塞のサイン!? 寝たきりを防ぐための予防法とは【医師解説】

この他、運動やサウナなどで脱水状態になった場合も危険です。脱水状態になると、血液中の水分が失われて血液がドロドロになり、血栓が形成されやすくなります。これが脳梗塞につながる場合があります。

また、不整脈は心原性脳塞栓症の原因の1つと言われています。特に女性は男性に比べ、中年期〜高年期に不整脈を発症しやすくなるので注意が必要です。なお、若年生脳梗塞の場合は、生活習慣病などによるものよりも、血管の異常や心臓の病気など生まれつきの疾患が原因となるケースが多数です。

脳梗塞が起こる前兆はある?

脳梗塞の約3割に「TIA(一過性脳虚血発作)」と呼ばれる前兆発作があります。その特徴的な症状が以下です。


・顔……半分が動かなくなって、口元が下がってくる
・腕……片方の腕(足)が上がらない、力が入らない
・言語……ろれつが回らない、言葉が出ない

これらの初期症状は軽度だったり数分程度で消えたりする場合もあり、たいしたことがないと放置してしまいがち。しかし、早い段階で適切な治療をしないと症状が悪化してしまうので注意が必要です。
上の3つのうち1つでも当てはまれば、すぐに救急車を呼びましょう。

なお、受診する場合は、一般的な診察であれば内科または神経内科へ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.