くらし情報『「執刀医って!?」最初からわかっていれば違っていたのに~ #43歳で腎がんになった話 17』

2021年12月8日 22:15

「執刀医って!?」最初からわかっていれば違っていたのに~ #43歳で腎がんになった話 17

3児の母でブロガーのマメ子さんによる、43歳で腎がんになった体験を描いたマンガを紹介します。今回は、手術のときの執刀医について。執刀医が誰なのかを気にしていなかったマメ子さんでしたが……。

★前回:「危ないところだった!」心配性の母の行動に驚き! #43歳で腎がんになった話 16

手術をすると決めたときのことですが、主治医先生とこんなやりとりがありました。

「執刀医って!?」最初からわかっていれば違っていたのに~ #43歳で腎がんになった話 17


執刀医がどの先生になるかということは、正直全然気にしておらず(そもそも、誰がどうとかわからないし)、その後もその話題が出ることはありませんでした。
なので、あとから結局はやっぱり主治医先生が執刀してくださるのかな?と思っていて、特に確認することもなく手術を迎えてしまいました。

聞き忘れていたのもあったけど、なんかあえて聞くのも、こだわってるようで聞きづらくて……。

そして、手術当日の朝、病室にて

「執刀医って!?」最初からわかっていれば違っていたのに~ #43歳で腎がんになった話 17


初めて会うベテラン風先生。
見た感じは50代前後。
年齢的にも、主治医先生より上だし、ちょっと丁寧めにあいさつします(笑)。

ベテラン先生には手術室でお会いしなかったけど、手術後も、時々様子を見に来てくださいました。
毎日の回診に来てくださった先生は3人いたのですが、比率はこんな感じ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.