くらし情報『「ショック!!」歯に自信があった私がある日突然歯が欠け、虫歯や歯周病が知らぬ間に進行していた』

「ショック!!」歯に自信があった私がある日突然歯が欠け、虫歯や歯周病が知らぬ間に進行していた

ある日突然歯が欠け、虫歯や歯周病が知らぬ間に進行していた女性


私は若いころから歯には自信がありました。20代のころに親知らずの抜歯をしたくらいで、歯医者さんのお世話になることは50代後半の今まであまりありませんでした。

ところが、気付いていないだけで加齢に伴い歯周病が進行してきており、知らぬ間に大きな虫歯もあったのです。本当にショックでした!! 歯周病と虫歯の治療についての体験談を紹介します。

★関連記事:3年で12本の抜歯。手術を7回も受けるも歯周病は一向に良くならず…【体験談】

ある日突然、歯が欠けた

歯が欠けたイメージ


冷たい物を飲んだときや甘い物を食べたときに右上の奥歯がちょっとしみるなと思っていたのですが、コロナ禍ということもあり歯医者さんに行くのをためらっていました。そのうち、しみる感じもなくなり、痛みが出てきたわけでもないので、そのまま半年くらい放置して過ごしておりました。

ところがある日、ハードなパンをかじったとき「がりっ」と音がしたので、固いパンだなと思いながら口の中に残った固い物を出してみたところ、なんと自分の歯でした。恐る恐る右上の奥歯を舌で触ってみると、歯が欠けており、とがった部分が舌で感じられました。

「えーっ、歯には自信があったのに」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.