くらし情報『どうして我が家が中古の一戸建ての購入を決断したのか』

どうして我が家が中古の一戸建ての購入を決断したのか

2018年2月13日 15:00
 

住宅購入体験談TOP


私がマイホームの購入を意識し始めたのは、2人目を妊娠中のときです。

結婚後に住んでいたマンションは、独身時代から夫が一人暮らしをしていた賃貸のマンションでした。広さも3DKとちょうどよく、引っ越しの費用などを考えて住み続けていました。

その後、長男を出産。続いて翌年には、次男を妊娠しました。

そのとき初めて、「広い家に引っ越したい」と思ったのです。

賃貸の3DKは3人ではちょうどいいのですが、年子の男児2人と過ごすには手狭だと感じたのです。

そして何より、男児2人が下の階の人に迷惑をかけないように静かに暮らせるとは、到底思えなかったのです。

購入の決め手となったのは、敷地の圧倒的な広さ

住宅購入体験談1


実際の我が家の写真です。車を2台置くことのできる駐車スペースと庭、リビングの広さに一目ぼれしました。

数件見て回ったのですが、築年数が短く、広い敷地。他にはない物件でした。

私の1番の優先事項である、「子供たちがのびのびと暮らすことのできる家」にぴったりだったのです。

男の子2人が走り回っても、物を落としても、にこやかに見ていることのできそうなこの家で、「子育てをしたい」と強く思ったからです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.