恋愛情報『優しさだけでは物足りず、ハイスペック男に走ったある女の人生 #11』

優しさだけでは物足りず、ハイスペック男に走ったある女の人生 #11

2018年4月4日 19:00
 

私の幸せっていつになったら手に入るの……?

目次

・私の幸せっていつになったら手に入るの……?
・悪魔っぷりは、エスカレート
・もっといい男がいるかもしれない
・セレブな女性の囁きにハマった
・ドン底に落ちた気分だった
・反省した私がとった行動は……?
・お話を聞いて……。
優しさだけでは物足りず、ハイスペック男に走ったある女の人生 #11


【実録♡ 結婚プロセス100人インタビュー 】vol. 11

私、一見おっとりしていて、家庭的で洗濯や料理も得意で、尽くしてくれそうと言われることが多いんです。でも、実は、そういうのが大っ嫌いなんですっ(苦笑)!

それなのに、私に好意を持って近づいてくる男性は、みんな私のことを「家庭的で優しそう」というイメージを抱いているんですよね。仕事は、美容サロンを経営しているのですが、家の中でじっとしているより、お客さんとお話ししながらアクティブに活動しているほうが、毎日楽しくて。

自分でも自覚していますが、とにかく “ワガママ” な私は、彼氏に対しても言いたい放題、ワガママ放題。親しい友人からは、「小悪魔を通り越して、悪魔だよね」なんて言われていますよ(笑)。

20代前半の時は、結婚願望なんてまったくなかったし、むしろプロポーズなんてされようもんなら、人生終了じゃん!と思っていたくらいです。そんな強気な私ですが24歳の時に、4つ歳上のとても優しい彼ができました。

悪魔っぷりは、エスカレート

優しさだけでは物足りず、ハイスペック男に走ったある女の人生 #11


彼は、私にかなり夢中でメロメロ(笑)。でも、まだ私は結婚したくなかったので、結婚の話を避けるように、ズルズルと付き合っていました。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.