恋愛情報『贈ったパンツを返品!? バレンタインの悲喜こもごもエピソード4つ』

2019年2月13日 16:55

贈ったパンツを返品!? バレンタインの悲喜こもごもエピソード4つ

目次

・大失敗した手作りブラウニー
・返品されたハートのパンツ
・まさかの告白チョコレート
・下心の義理チョコ
・バレンタインデーは恋のチャンス
贈ったパンツを返品!? バレンタインの悲喜こもごもエピソード4つ

今年もバレンタインデーがやって来ますね!甘かったり、切なかったり、ほろ苦かったり……この時期になると、誰もがいつぞやのバレンタインを思い出すのでは?

20~30代の女性の、悲喜こもごものエピソードをご紹介します。みなさんもこれに近い経験、していませんか?

■大失敗した手作りブラウニー

遠距離恋愛中の彼のために、お菓子作りに挑戦することにしたA子さん(25歳・看護師)。全くの初心者だったので、手作りキットの中でも簡単そうなブラウニーに決めたと言います。

「説明どおりに作ったはずが、半生みたいなところがあったり、焦げている部分があったりと大失敗してしまいました……」

それでもなんとか食べられそうなところをカットしてラッピング。手紙と一緒に送ったそう。

「彼は本当に喜んで“おいしかったよ”と言ってくれました。普段から優しい彼ですが、好きな気持ちを再確認しました」

とはいえ、あまりに申し訳なくて、次の年から手作りはやめたそうです。

■返品されたハートのパンツ

「ムダが嫌いな夫。そんな彼と結婚する前のエピソードです」

B子さん(32歳・デザイン会社)はチョコレートと一緒に、ハートやチョコレートが一面に描かれた派手なトランクスをプレゼントすることに。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.