現役ホステスが伝授!多忙なハイスペック男子とお付き合いする方法

2017年8月21日 12:00
 


【現役ホステスが語る男ゴコロの裏事情98】

高学歴・高収入・高身長などの要素を兼ね備えたハイスペック男子。婚活で売り手市場の彼らに憧れる人も多いと思いますが、出会えたとしても、交際するのはなかなか難しいものです。

そこで今回は、忙しいハイスペ男子と話す機会の多い現役ホステスの筆者が、その特徴や落とし方について少し語ります。

■ハイスペ男子は「こじらせ男子」が多い

筆者の周りには経営者・会社役員・国家公務員・パイロットなど、いわゆるハイスペ男子が結構います。

彼らの共通点はまず、プライドがすごく高いこと。ハイスペ男子って人前では腰が低いけど、自尊心と承認欲求はかなり強いんです。

そのプライドの高さのせいで、恋愛をこじらせている人が多々います…。おそらく恋愛もどこか仕事や勝負事のように捉えているからでしょう。

・「フラれたらどうしよう…」と恋愛の入口で二の足を踏んでいる人

・「主導権は自分じゃないと嫌だ」と勝手に頭の中で主導権争いをして、女子につれない態度をとり、自らヒビを入れてしまう人

・仕事第一主義で恋愛は二の次だから、超絶忙しくなると「会いたい会いたい」うるさい彼女をバッサリ切り捨てる合理主義な人

などなど、自分から恋愛が失敗する方向に持って行きがちな「こじらせハイスペ男子」をよく見かけます。

全員が全員ではないのですが、「なるべく自分都合で恋愛をしたい!」と考えるハイスペ男子は多いと思っていいです。
プライベートな時間が少ない多忙な男子ほど、その傾向は強いでしょう。

■ハイスペ男子が好きな女子のタイプ

ハイスペ男子って「稼いでるから、忙しいと言いつつも遊んでそう…」と、チャラいイメージ、ないですか?

先に言います。ハイスペ男子はお金がある分、その辺の男子より遊んでいる人は多いです。

でも、彼らって根はすごーく真面目。もともとが成績優秀だし、本当にびっくりするほど真面目…。そして洞察力がすごいんです。
だから女子側も根が真面目じゃないと、長期的に好かれることはないですよ。

スタイルが良くて顔がかわいければ、彼らは遊んではくれます。デートもステキな場所に連れて行ってくれるでしょう。けど、中身が空っぽだったり、道徳に欠けるような言動をしたり、どこか他力本願だったり…。誠実さを感じられない、人間としてちょっとダメだなと判断すると、早い段階で離れるか、セフレに格下げします。

某会社の社長と飲んだ時に「そういえば、この前言ってたかわいい子どうしたの?」と聞いたら「何度か遊んだけど、付き合うほどじゃない」。内面的魅力が感じられず、セフレっぽくなってしまったとのこと…。

そう、「ハイスペ男子は容姿が優れている子がいいんでしょ?」というみんなの偏見(?)はそこそこ当たってます(というか男子はみんなそうだよね)。

でも、優れているのが容姿だけでは、一時的な遊び相手にしかなりません。
彼らが本当に求めているのは、根が真面目でしっかりしているタイプ。キレイであるのに越したことないけど、やっぱり内面は見てますよ。

■恋愛に発展させる秘訣は?

「合コンやパーティーでハイスペ男子と連絡先は交換したものの、どう恋愛に発展させればいいかわからない…」という女子も多いはず。

ハイスペ男子もドストライクの女子には自分から連絡しますが、「ストライクゾーンだけど、そこまで…」って場合、アプローチすることは稀。
「向こうから来れば応えるけど、自分からは行かない」という人が多いです。だって、忙しいから。

となれば女子側から行くしかないですよね?
LINEで好意を伝えましょう。ストレートに「好き」と言うのではなく、さりげなくほめる、尊敬している様子が伝わることを書く、彼が癒されるようなメッセージを送る、など。

とはいえ、男子って追われれば逃げる性質を持っているので、しつこく連絡はしないこと。
あと、女子の中には「付き合う前にハートとか使わないほうがいいのかなぁ…」とハートを遠慮している人もいますが、使ってOKです。

むしろ文章の中にハートの絵文字をたまーに入れたり、ハートの入っているスタンプを使ったりしてください。そのほうが親近感が湧きます。

■ポイントは「短期勝負」

で、彼からちゃんとLINEが返ってくるのなら嫌われてはいないので、勇気を出して早い段階で「よかったら食事に行きませんか?」と誘ってしまいましょう。

多忙な男子って何事もスピードが早いです。恋愛もそう。だらだら連絡を取るのが苦手な人が多め。彼らは忙しいからメル友的な女子は別にいらないんですね。

だったら、さっさとデートして白黒はっきりさせましょう。もたもたしてたら、他の女子とデートしてそのまま交際ってことになってしまうかもしれないので。

普通の男子はだいたい、三回くらいデートしてから交際するか否か決めるけど、ハイスペ男子は例外です。多くの場合、一回目のデートで付き合うかどうかを決めます。

デートは清潔感のあるファッションで行くのはもちろん、本気で交際したいのなら、彼に「何食べたい?」と聞かれたとき「なんでもいい」はダメ。

「お肉系かな♪」とか「和食がいいな」とか「お昼にお魚食べたからそれ以外」など、ざっくりでいいのでちゃんと答えましょう。

「なんでもいい」なんて丸投げでは「この子とのデートは全てこっちが決めなきゃだから面倒だ」と彼女候補から外されやすいんです。

なお、話すときは、早口は避けたほうがいいですよ。ややゆっくりめに話しましょう。
所作もそう。清潔感があり、自分の意思をちゃんと言える、かつ聞き上手で、一緒にいると癒される女子なら、ハイスペ男子が告白したくなると思います。

■終わりに

結婚するならハイスペ男子!と思っているみなさん。さっきも言った通り、彼らは何をするのでもスピードが早いです。そして最終的には内面重視。落とすなら短期勝負がカギですよ!

ライタープロフィール
美佳
コーヒーとスイーツをこよなく愛する東京在住のフリーライター。あちこちの媒体で執筆中。
昼間はカフェ等で記事をかきかき。夜はドレスを着用し ばっちりメイク顔で酒をかっくらってるホステス。
そんな20代後半の私です。

新着まとめ
もっと見る
夜オンナの記事(外部サイト)

ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.