恋愛情報『あなたの恋が実らない理由。無意識に「好きな人にネガティブな質問」してません?』

2018年7月9日 11:00

あなたの恋が実らない理由。無意識に「好きな人にネガティブな質問」してません?

目次

・ネガティブな状態に陥っている女性からの恋愛相談
・ネガティブなことを聞いても、百害あって一利なし
・ネガティブな質問をするぐらいなら、素直にアプローチすべし
・おわりに
あなたの恋が実らない理由。無意識に「好きな人にネガティブな質問」してません?


ライターの山田 芽依です。片思いをしているときは、好きな人の気持ちを確かめようがないからこそ、ネガティブな状態に陥って、些細なことも悪いほうに解釈してしまったりしがちです。

ネガティブになってしまうこと自体は仕方がないのですが、それを言葉にして、好きな人自身に質問としてぶつけてしまうことは問題。百害あって一利なしです。それはなぜなのか、筆者が受けてきた恋愛相談から紐解いていきます。

■ネガティブな状態に陥っている女性からの恋愛相談

筆者に恋愛相談を持ちかけてきたA子さんは、会社の上司の男性に片思いをしていて、まさにネガティブな状態に陥っている女性でした。

A子さんがそうなってしまった理由は、上司が「俺は職場恋愛はしないから」と言っていたことを他の人から聞いた、というものでした。

「いっそのこと『どうせ私のことは恋愛対象じゃないんですよね?』とか本人に言いたいです。質問してみたほうがいいですよね?」と思いつめているA子さんに対して、筆者は「それはやめたほうがいいです」とすぐに答えました。「なぜですか?」と、不思議そうなA子さん。

■ネガティブなことを聞いても、百害あって一利なし

「もしかしたら、上司の方はA子さんの気持ちを知った上で、職場恋愛ができないと発言しているのかもしれません。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.