ビューティ情報『両手を握り合い、肘だけ動かせる? あなたの“骨格の歪み”をチェック』

2022年5月25日 19:10

両手を握り合い、肘だけ動かせる? あなたの“骨格の歪み”をチェック

普段、骨を意識することはありますか?ラクだと思う姿勢、動作のクセ、そんな日々の習慣が実は骨に負担となり、“骨格の歪み”を起こしているかも。

200個余りの骨が関節などでつながって成り立つ骨格。姿勢や動作を支える基盤で、本来カラダをうまく動かせるよう作られているのに、使いきれていない人が多い、と話すのは身体教育家の林久仁則さん。

「普段、カラダの外側の筋肉だけを意識して使ってしまう人が多いので、一番深層にある骨を動かす意識が失われています」

また、骨を本来の機能通りに動かしていないことでズレも生じる。

「骨はニュートラルから、反る・曲げると動きますが、普段この動きをしていないと可動域が狭くなり、ラクだと感じるニュートラルの位置もずれてきてしまうのです」(理学療法士・山下翔平さん)

そして、運動不足の結果、起きているのが“局所疲労”だという。

「座りっぱなしや猫背といった長年の悪い姿勢の影響で、使いすぎの筋肉と使っていない筋肉の差が激しい人が増えています。アンバランスなカラダの使い方は骨格も歪ませてしまいます」(山下さん)

でも、骨から動かす意識を持てば歪みはリセットできる、と2人。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.