ビューティ情報『避妊率99.9%! ピルを飲むと避妊できる理由』

2017年3月16日 16:00

避妊率99.9%! ピルを飲むと避妊できる理由

避妊率99.9%! ピルを飲むと避妊できる理由

日本ではまだ普及率が低いものの、海外では多くの女性に使われているピル。「生理の初日から毎日1錠ずつ、できる限り決まった時間帯に飲む」という基本ルールを守ることで、約99.9%という高い確率で避妊できるといわれています。

でも、なぜピルを飲むだけで、妊娠しなくなるのでしょうか? 今回は、ピルによる避妊のメカニズムや、女性の体へのさまざまな影響について紹介します。

○ホルモンによる作用で排卵を抑制

女性の卵巣からは、脳からの指令で「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」という女性ホルモンが分泌されます。そして、それらの女性ホルモンの働きで、生理周期に沿って排卵や妊娠、生理が起こる仕組みになっています。

ピルには、上述の卵胞ホルモンと黄体ホルモンが主成分として含まれています。そのためピルを飲むと、血液中のホルモン濃度が高まります。すると脳は、すでに排卵が起こっていたと勘違いし、卵巣への指令をストップします。その結果、卵巣の活動が止まるため、卵子が育たず、排卵も起こらなくなります。

また、ホルモンの作用で、子宮頸管(子宮の入り口)の粘液の量が減ったり粘度が増したりして、精子が子宮に入りにくくなります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.