ビューティ情報『美容に「手抜き」は許される!”ほどほど”真面目にやる方法!』

美容に「手抜き」は許される!”ほどほど”真面目にやる方法!

2018年1月26日 20:00
 

テレビや雑誌で、手抜きなんて言葉とは程遠いようなモデルや女優さんの素敵な生活を見ていると、「到底まねできない」「お金もないし」なんて諦めてしまうことありますよね。ああいったすごい女性たちは確かに毎日努力をしているものです。ですが、同じくらいできなければやる意味がないと言って、すべてを放棄してしまっては、もったいない。

無理して完璧を目指さない!

目次

・疲れたときのクレンジングはふき取りで
・スキンケアはオールインワン
・時にはトリートメントは省略
shutterstock_772227244


無理をして完璧を目指すと、美容はうまくいかなくなるものです。むしろ、頑張ることがストレスになりかねません。

例えば、全身マッサージや半身浴をする分、睡眠時間を削っていては、健康にとって良くありません。健康であることは、美容の第一条件ですので、まずは健康を維持しつつ、その上で綺麗を目指しましょう。

健康のためにはよく寝てバランスよく食べ、適度に動きましょう。その上で、できる範囲で美容法を行っていくことが大切です。また、とにかく疲れているときは、ゆっくり休むのも、立派な美容法なのです。

ほどほどでもよいので、うまく手を抜いて、できる範囲の美容術をマスターしましょう。時には手抜きも許される!!

忙しい時は手を抜いて最小限に!
shutterstock_670525174


忙しい時の美容法は、程よく手を抜いて最小限に抑えましょう。いつもだったら、洗顔のあとに、化粧水→美容液→乳液→目元用クリームなどなど。たくさんの工程を経てじっくりとケアをしているかもしれませんが、忙しい時は、パパッと最小限のケアでもOKです。

基本的には化粧水と最後にふたをする油分を含んだクリームかオイルを使用するだけでも十分ですので、できる範囲で無理せず行いましょう。

ゆっくり休むのが一番の美容法
shutterstock_433143628


休息は健康にとっても美容にとっても最重要です。疲れていると顔色が悪く、最悪ニキビなどの肌荒れにもつながりかねません。疲れたときはゆっくりとやすむことが、不可欠です。

休む方法には大きく分けると2通りあって、ひたすら寝るなどのような静的なやすみかたと、カラオケでストレス発散するなどのような動的な休みかたがあります。

その時の自分に合った方法を選んで、十分な休息をとるようにしましょう。また、よく笑うことも、心身ともに健康になれる、究極の美容法です。

手抜きテクニック3選!!
美容の手抜きテクニック3選!!疲れたときに、うまく時短手抜きを行う方法を伝授します!!

疲れたときのクレンジングはふき取りで

shutterstock_739603783


疲れて帰ってきて、お風呂に入ったり、顔を洗い流したりする気力のない時のクレンジングは、ふき取りで行いましょう。

「ビオデルマ」に代表される、ふき取りクレンジングは最近さらに優秀さを増しており、時間がない時の強い味方です。仕事や家事の忙しい時期には拭き取りクレンジングのグッズを用意しておいて、帰って来たらメイクをさっと落として、酢民時間を増やすことに努めましょう。

スキンケアはオールインワン

shutterstock_170784851


スキンケアは、本来なら化粧水をたっぷりとなじませて、念入りに行ってほしいところですが、時間がない時は仕方がありません。とはいえ、時間がない時にも、最低限のケアは必要なもの。そんな時の為に、オールインワンのスキンケア商品をひとつ用意しておくと便利です。「ドクターシーラボ」のような、オールインワンジェルや。「トリロジーのエブリシングバーム」のように、これひとつでOKアイテムは、疲れたときにはうれしい存在です。肌が敏感になっている時期にも、刺激が少なく使用できますので、ぜひ、用意しておきましょう。

時にはトリートメントは省略

shutterstock_647259121


シャンプーの後のトリートメントは、髪になじませる時間が必要であることなどから、忙しい時には面倒になることもあるかと思います。そんなときには、トリートメントはなしでOK!!

そもそもトリートメントを毎日つけていると、髪に栄養を与えすぎてベタベタしてしまい、かえって扱いにくい髪になることが多いのです。忙しい時は、ここぞとばかりに省略してしまってOKです。

シャンプーだけはきちんと行い、なるべくよく乾かしてから寝るようにするとよいでしょう。

ほどほど真面目に美容で楽に続けよう!
shutterstock_745119238


美容は無理をせず、頑張りすぎず、ほどほど真面目に続けましょう。そうすることで、美容によるストレスが減り、かえって美容効果が高く出るようになるのです。無理していろいろやるよりも、楽しめる範囲で続けることが、ほどよい美容のコツです。時には肩の力を抜いてほどほどに・・・。気楽に続けましょう。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.