ビューティ情報『スクワットで美しい体を手にいれよう』

2019年5月13日 16:00

スクワットで美しい体を手にいれよう

ワイドスクワットのやり方
  • 足を肩幅より広く開く
  • つま先を45度ほど外側に向ける
  • 手は腰に当てたり、手前に伸ばしたり、体の前で両手を合わせるなど楽な体勢で
  • ゆっくり息を吸いながら腰を落としていく
  • 太ももと床が平行になる状態で2~3秒キープ
  • 息を吐きながらゆっくり元の体勢に戻る
  • 注意点
    • ワイドスクワットはノーマルスクワットよりバランスが取りにくいので、無理のない回数で行いましょう
    • 腰を落として太ももと床が平行になった時、膝がつま先より前に出ないように意識する
    シングルレッグスクワット
    シングルレッグスクワット
    出典:byBirth
    最後に紹介するのはシングルレッグスクワットです。

    バランスもとりながら行うので、紹介した3つのスクワットの中で一番難易度が高いかもしれません。後ろにある椅子など、高さのあるものに片足を乗せてスクワットを行います。片足を乗せることでより脚に負荷がかかるので、ワイドスクワットよりも辛いトレーニングですが、さらに効果が期待できます。

    シングルレッグスクワットのやり方
  • 後ろに置いた椅子などに片脚を乗せる
  • 息をゆっくり吸いながら、ゆっくりもう片方の脚を曲げていく
  • この時手は腰に当てると楽です
  • ふくらはぎと太ももが90度になったところで2~3秒キープ
  • ゆっくり息を吐きながら元の体勢に戻す
  • 注意点
    • しっかりとふくらはぎと太ももが90度になるように曲げることを意識する
    • バランスを崩しやすいので無理のない回数から続けましょう

    どのくらいの頻度で行うのがいいの?

    どのくらいの頻度で行うのがいいの?
    出典:byBirth
    たった15回で腹筋500回の効果が得られるなら、毎日でもやりたい!と思いがちですが、筋肉は休ませることも大切です。

    関連記事
    新着ビューティまとめ
    もっと見る
    記事配信社一覧
    facebook
    Facebook
    instagram
    instagram
    twitter
    twitter
    YouTube
    YouTube
    上へ戻る

    Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.