ビューティ情報『ニキビを治すビタミン剤の効果と種類』

2017年10月31日 16:42

ニキビを治すビタミン剤の効果と種類

目次

・ビタミン不足が原因でできるニキビ
・ビタミンと肌との関係
・ビタミンのニキビ治療効果
・皮膚科で処方されるビタミン剤の種類
・ビタミンB群のビタミン剤とその効果
・ビタミンCのビタミン剤とその効果
・ビタミン剤の飲み方や注意点
・ビタミン剤とサプリメントの違い
・まとめ
ニキビを治すビタミン剤の効果と種類


治りにくい大人ニキビや肌荒れ、赤みが残ったニキビ跡などを早期に改善するためには、身体の内側からケアしてあげることも大切です。なかでも肌の健康維持に欠かせないビタミンは、食事やサプリメント、ビタミン剤などでしっかり補給したいもの。ここでは、皮膚科でニキビを治す際に処方されるビタミン剤の効果や種類、服用方法などをドクター監修のもと解説していきます。

ビタミン不足が原因でできるニキビ

20歳を過ぎてからできる大人ニキビは、思春期のニキビとは異なり、生理前に悪化する、顎(あご)や口の周り、背中にだけできる、などの特徴があります。原因もさまざまで、ホルモンバランスの乱れをはじめ、身体の内側から影響しているケースも多いものです。

忙しくて栄養バランスのとれた食事を取る時間がない、ストレスを解消するため、つい好きなものばかりを食べてしまう、ダイエットや食事制限をしている…などの場合、ビタミン不足を招き、ニキビができやすい状況に陥っているのかもしれません。

ビタミンと肌との関係

身体や肌に必要な栄養素のなかでも、ビタミンは肌や粘膜を作る働きを助けたり、皮脂の分泌を抑えたり、肌の新陳代謝(ターンオーバー)

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.