ビューティ情報『インナードライ肌が改善!皮膚科医にすすめられた年齢肌ケア【体験談】』

2020年10月25日 23:00

インナードライ肌が改善!皮膚科医にすすめられた年齢肌ケア【体験談】

インナードライ肌が改善!皮膚科医にすすめられた年齢肌ケア【体験談】


49歳になったばかりのころの話です。寝る前のスキンケアを開始しようとしたところ、なんとなく肌のくすみが気になったので、いつも使っていたピーリングジェルで角質を落としました。そして、そのあと新しく買ったナイトクリームを試しながらスキンケアをして寝たのですが……。翌朝起きて鏡を見ると、顔全体が赤く腫れていたのです。

年齢肌に皮脂の取り過ぎは禁物だった!

インナードライ肌が改善!皮膚科医にすすめられた年齢肌ケア【体験談】


ピーリングをしたあとで新しいナイトクリームを塗って寝たら、翌朝顔が腫れていました。赤い箇所はかゆみがあり熱も持っていたので、使ったことのないクリームでアレルギーが起きたかもしれないと驚き、すぐにそのクリームを持って皮膚科に駆け込みました。しかし、パッチテストの結果は陰性。「それならどうして……?」と尋ねたところ、先生に「ピーリングで肌を守る皮脂を取り過ぎたかもしれません」と言われました。

先生によると、更年期世代は何もしなくても自然に肌のバリア機能が低下していくとのこと。それなのにピーリングなどで皮脂や角質を落とし過ぎると肌がさらに敏感になり、普段はなんの問題もない化粧水やクリームでさえ、今回のような症状を起こす場合があるようでした。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.