子育て情報『妊娠中に抹茶を飲んでもOK?注意したい成分はカフェイン以外にも…!』

妊娠中に抹茶を飲んでもOK?注意したい成分はカフェイン以外にも…!

目次

・妊娠中は要注意 抹茶に含まれるカフェイン
・妊娠中に注意したほうがよい抹茶に含まれるカフェイン以外の成分
・まとめ
抹茶のイメージ


今回は妊娠中、抹茶を飲む際に気をつけたほうが良いことについてお話しします。

妊娠中は要注意 抹茶に含まれるカフェイン

抹茶にはカフェインが含まれています。カフェインには、程よい量を摂取すると交感神経を刺激して、眠気覚ましなどの覚醒作用、尿の排泄を促す利尿作用があります。ただし、妊娠中はカフェインの分解や排泄をする機能が低下すること、カフェインは胎盤を通過して胎児へ移行すること、カフェインが胎盤を流れる血流を低下させることから、胎児の発育を妨げたり、流産や早産、低出生体重児の原因となる可能性があるため、カフェインは妊娠中に大量に摂取することを控えたほうが良い成分です。

妊娠中のカフェインの摂取量の目安は、1日あたり合計200mg未満です。カフェインは抹茶だけでなく、コーヒーや紅茶などにも含まれるので、下記を参考に1日の合計を200mg未満に抑えれば、妊娠中に抹茶を飲んでも大丈夫です。

【カフェイン含有量の目安(100mlあたり)】
抹茶64mg
玉露160mg
煎茶20mg
番茶    10mg
ほうじ茶20mg
玄米茶    10mg
ウーロン茶20mg
紅茶30mg
コーヒー60mg
麦茶0mg

参考:文部科学省日本食品標準成分表2015年版(七訂)

抹茶を飲む場合、1日にコップ1杯(180~200ml)程度、国内で市販されているペットボトルや缶・紙パックで市販されている抹茶を含む飲料は、1日1本程度(内容量200~500ml)であれば飲んでも大丈夫な量です。

ただし、市販されている製品によって抹茶の使用量やカフェインの含有量に幅がありますので、製品の成分表示を確認しましょう。また、抹茶を使用したケーキや菓子類、アイスなどは、大量に食べない限り、カフェインの過剰摂取にはなりません。カフェインを含む飲み物を飲んだら抹茶を使用した食品を控えるなど、自分なりにカフェインの摂取量を調整しましょう。

妊娠中に注意したほうがよい抹茶に含まれるカフェイン以外の成分

・ビタミンA
茶葉自体を粉末状にして飲む抹茶は、ビタミン類を余すことなく摂取することができます。しかし、妊娠中はビタミンAを過剰摂取した場合に、赤ちゃんに先天的な異常(水頭症や口唇裂など)

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.