2020年2月21日 12:00|ウーマンエキサイト

ドラマの真似して背中さすったら怒られた! 夫は無力か ~姉妹誕生物語その2~【もりりんパパと怪獣姉妹 第25話】

もりりんパパ
ライター (コミックライター)
もりりんパパ
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
もりりんパパと怪獣姉妹

もりりんパパと怪獣姉妹

1982年生まれで2005年生まれの長女と2012年生まれの次女の父。介護施設で生活相談員をしながらFC2ブログで公式ブロガーとして活動しています。わんぱくな次女の話を中心に長女のお受験物語や父目線…

姉妹誕生物語:長女編の続きです。

前回のお話はこちらからご覧いただけます。


さて、祭りに行く準備をしているさなかに破水してしまった嫁さん。慌てて産婦人科に連絡をし、車で向かおうとするも渋滞に巻き込まれてしまい…

慌てて病院へ
焦りながらもどうにか病院に到着したのでした。

この時は2005年の8月27日。時刻は21時前。
長女が生まれるおよそ9時間ほど前です。

分娩台に行きたがる嫁さん
到着後すぐに病室へと案内されましたが、すでに痛みが強かったらしく苦しんでいる嫁さん。

僕は本当にどうしたら良いのか分からずただひたすら焦っていましたが、その場に嫁さんのお母さんも駆けつけてくれたので少し安心したのを覚えています。

なんせ僕も嫁さんも初めて直面する出産ですが、嫁さんのお母さんは3人も子どもを産んでいますし、嫁さんの性格も言動もよく分かっていますからね。
僕は…正直この時はまだまだでしたし(-"-;

分娩台に行くのは早いという忠告も振り切り…
で、そのうち嫁さんは病室のベッドにいつまでもいることが不安になり、分娩台に行きたいと言い出すように。

お母さんが分娩台特有の不便さを教えるも、嫁さんは聞く耳を持ちません。

この時は実際まだ子宮口は全開ではなかったらしいですが、とにかく初めての不安と痛みとの恐怖が大きかったとのちに嫁さんは語っていました。

病院側に確認すると、この日はたまたま空いていたらしいんですよね。
で、看護師さんも笑いながらでしたが分娩台へと移動していったのでした。

病室から分娩台までの移動はそれはもう地獄だったそうです。

やってきました分娩台
そしてようやく分娩台へ。

で、お母さんの言った通り分娩台は狭くて固くて動けない。
ゴロゴロと動くことで気を紛らかすことが出来ず、途中台から降りて床にうずくまったり。
これはお母さんに怒られていたような…。

こんな姿を見ると、男ってホント無力だなとつくづく感じましてね。

夫としてできることは何だろう…
そんな中で自分に何か出来ることを考えて動こうと思いました。
もりりんパパ
もりりんパパの更新通知を受けよう!
確認中
もりりんパパ
もりりんパパの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
もりりんパパ
もりりんパパの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
もりりんパパ
もりりんパパをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
もりりんパパ
もりりんパパの更新通知が届きます!
フォロー中
もりりんパパ
もりりんパパの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着子育てまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.