2020年3月6日 06:00|ウーマンエキサイト

僕を父にしてくれてありがとう ~姉妹誕生物語その3~【もりりんパパと怪獣姉妹 第26話】

もりりんパパ
ライター (コミックライター)
もりりんパパ
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
もりりんパパと怪獣姉妹

もりりんパパと怪獣姉妹

1982年生まれで2005年生まれの長女と2012年生まれの次女の父。介護施設で生活相談員をしながらFC2ブログで公式ブロガーとして活動しています。わんぱくな次女の話を中心に長女のお受験物語や父目線…

姉妹誕生物語:長女編の続きです。

前回のお話はこちらからご覧いただけます。


出産において夫は無力
出産のあまりの苦しみに嫁さんが握る力は相当強く、切れて血がにじむ僕の腕。でも、そんなのはどうでもいいと思ってしまうほどに苦しそうな顔をしている嫁さん。唇の周りは痛々しく毛細血管が浮き出ています。

それでも。
この後元気な赤ちゃんと会えることを希望にひたすら頑張るその姿。

でもせめて応援したい
出産において男とはあまりにも無力。

そう痛感させられましたが…
とにかくそばにいたい。
そばで見守りたい。
せめて隣で頑張っている嫁さんとこれから産まれてくる赤ちゃんを応援したい。

何もできない僕ではありましたが、ただひたすらそう願い祈っていました。

そんな状況だったのですがね。

「ちょっと見てみる?」
ここでふと産婦人科の先生に声をかけられましてね。

赤ちゃんの頭が見えてきたからちょっと覗いてみませんか、と。

…。

……。

………。

はい!

はい( ゚д゚)!!

つい見に行ってしまいました。
…因みに、これは後で嫁さんから聞いたお話なんですけどね。

何を言っているんだこいつらは(# ゚Д゚)

と思っていたとのことでした。
す…すまん嫁よ。

嫁はよもや痛さと苦しさでそれどころではなかったのでヤケクソで諦めたそうです。
はい、本当にすみませんでした。

出産の時…夫の立ち合いはどこまでするのか、妻はどういった希望があるのかをきちんと夫婦で話し合っておくべきでしたね。

この辺りも、初めての出産ということで考えや配慮が足りなかったと思います。ちなみに、およそ7年後の次女出産のときは妻と話し合った結果、定位置から動かないことを徹底しました。

でも…この時見たのは半分まで出てきていた赤ちゃんの頭でね、本当に後もう少し! という感じで感動したんです。

そして、いよいよもう1回のいきみで産まれるという時に。
もりりんパパ
もりりんパパの更新通知を受けよう!
確認中
もりりんパパ
もりりんパパの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
もりりんパパ
もりりんパパの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
もりりんパパ
もりりんパパをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
もりりんパパ
もりりんパパの更新通知が届きます!
フォロー中
もりりんパパ
もりりんパパの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着子育てまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.