くらし情報『ディーン・フジオカ 転機はNHK朝ドラ「あさが来た」ではなく…』

2017年11月8日 07:01

ディーン・フジオカ 転機はNHK朝ドラ「あさが来た」ではなく…

僕の場合、まずは直感でやりたいと感じることがあって、それをやると決断したら、次に危険や最悪の状態を考えます。そのうえでリスクヘッジしておけば、限りある人生と時間のなかでも、具体的なアプローチが見つかると思っているから。これは経験から学んだことでもあります。俳優になる前にバックパッカーとして旅を続けていた時は、物を盗まれるとかいろんなことがしょっちゅう起こったし、そうじゃなくても生きていれば日常生活でいろいろありますよね。災害や事故やテロなんかまで考えると、数秒後にどうなっているかわからない時代。だから最悪の場合を想定するんですが、それで決断がコントロールされたことはないですね。生きるうえで必要なものとして、食事、睡眠、運動などがあって、そこに理由はないじゃないですか。それと同じで、何かをしたいという感情が起こってしまったら、やったほうがいいと思うんです」
ディーン・フジオカ 転機はNHK朝ドラ「あさが来た」ではなく…


転機になった作品として彼が挙げたのは、ご本人が監督・主演をつとめ、2013年に公開された映画『I am ICHIHASHI 逮捕されるまで』。英国人女性殺人、死体遺棄事件を起こした犯人の逃亡生活を描いた作品だ。

「台湾で俳優デビューしたあと日本に来て、最初の仕事でした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.