くらし情報『意外と知らない…⁉ 「結婚式招待状」の返信マナーモテる女のマナー講座 vol.7』

意外と知らない…⁉ 「結婚式招待状」の返信マナーモテる女のマナー講座 vol.7

2018年2月17日 19:15
 

この連載では「とりあえず、ここだけは押さえておきたい♡」というマナーをご紹介しています。マナーのツボを押さえている女子は、それだけで好印象に♡ 今回は、結婚式の招待状返信にまつわるマナーをご紹介します。あなたは、返信マナーをどのくらい意識していますか?

文・並木まき

■ギリギリはNG!早めに返そう

目次

・ギリギリはNG!早めに返そう
・文字の色は黒!グレーはNG
・「行・御・芳」などの文字を消す
・出欠席欄への記載は文になるように
意外と知らない…⁉ 「結婚式招待状」の返信マナーモテる女のマナー講座 vol.7


結婚式の招待状って、かなり前もって届くイメージがありませんか?

「そんな先の予定なんてわかんない!」と返信を勝手に遅らせてしまうのはマナー違反。招待状が届いてから1週間後までを目途に返信して。

これは、新郎新婦が出席人数に応じて引き出物や席次などの準備をする必要があるから。早めに出欠を知らせてもらったほうが余裕を持って準備ができるので、当事者にとってはありがたいのです。

■文字の色は黒!グレーはNG

意外と知らない…⁉ 「結婚式招待状」の返信マナーモテる女のマナー講座 vol.7


返信ハガキに書き込むときには、黒の毛筆か万年筆で書くのがマナー。しかし最近は、ボールペンでもよしとする風潮になっています。

また、グレーは主にお葬式の案内状に使われる“不祝儀の色”なのでNG。おめでたい出来事なので、ついついカラフルなペンを使いたくなりますが、本来は黒一色でお返しするのがマナーです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.