くらし情報『譲れない条件は3~5つ! 旅行するときに使える「個別選抜法」』

2018年1月25日 22:00

譲れない条件は3~5つ! 旅行するときに使える「個別選抜法」

習い事、旅行、車選び…。お金や時間がかかる物事の選択に「個別選抜法」を活用してみて!今回は、この「個別選抜法」について、選択のプロ・印南一路先生にお話をうかがいます。

譲れない条件は3~5つ! 旅行するときに使える「個別選抜法」


例えば習い事や当面の引っ越し先。人生を左右するほど重要ではないけれど、良い選択のためにそれなりにお金や時間がかかる場合が。しかも、選択肢が複数あって選びきれないという時に有効なのが、個別選抜法。

「習い事でいうなら『費用』や『場所』など、選択するうえでの絶対条件を3~5つ挙げて、それらを満たさないものを除外する方法です。選択肢が膨大な場合でも、目的に適った選択肢を一気に抽出できます」

この方法で、1つに絞りきれなくてもOK。「残った選択肢はどれをとっても、あなたを最低限満足させてくれるもの。その先は難しく考えすぎずに決めるのが、この重要度の選択のコツです」
個別選抜法の使い方。
「個別選抜法」という名前のとおり、条件をいくつか挙げて、それに満たない選択肢をバッサリ除外。その後は、これから紹介する「満足化原理」に従って、手間を省いてあっさり選択!時間やお金のかかる選択ではあるけれど、それほど時間や労力をかけて選ぶほどではない場合、また、選択肢がありすぎてどれを選んだらいいかわからない案件にも有効。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.