くらし情報『会社を辞めて、こうなった。【第67話】 ヴィパッサナー瞑想合宿で、稼げない40歳の自分を直視する!(後編)。』

会社を辞めて、こうなった。【第67話】 ヴィパッサナー瞑想合宿で、稼げない40歳の自分を直視する!(後編)。

2018年2月16日 08:53
 

図らずともやさぐれモードで始まった二度目のヴィパッサナー瞑想合宿。セルと呼ばれる独房に篭って瞑想し続けた結果、心の深い深い部分まで向き合うことになりました。結果、”40歳を目前とした不安”について延々と語る女性に自らを晒せるほどエネルギーが軽くなったのですが。いったいどんなステップを踏んだというのでしょう。時系列でご報告します。

写真/文・土居彩

土居彩の会社を辞めて、サンフランシスコに住んだら、こうなった。】vol. 67

くしゃみが止まらず、ティッシュが手放せない。

目次

・くしゃみが止まらず、ティッシュが手放せない。
・「大草原の小さな家」のローラ気分の寮。
・独房に篭って、瞑想し続ける。
・行動に移せず、現実化しない妄想に囚われる。
・ユーモアは全てを制す?
・死のイメージにトラップされ、涙と鼻水まみれに。
・トイレ掃除当番表が埋まらず、怒りと向き合う。
・瞑想で無感情になるわけではない。
・行動や結果の背後にある、意図が重要。
・有り金全て寄付するも、稼いでいない自分が恥ずかしい。
・わたし、40歳ですけど?
・次は奉仕側として参加。
会社を辞めて、こうなった。【第67話】 ヴィパッサナー瞑想合宿で、稼げない40歳の自分を直視する!(後編)。


2回目のヴィパッサナー瞑想合宿、前編はこちらをどうぞ。

http://ananweb.jp/column/sanfrancisco/157529/

やさぐれモードで始まった2回目のヴィパッサナー瞑想合宿ですが、
始めの3日間
はとにかく眠くて、眠くて。あろうことか瞑想中に寝落ちすることが多々あったほど。そこで休憩時間は散歩もせずにひたすら気絶したように爆睡していました。朝の4時半から瞑想がスタートするのですが午前中はくしゃみ、鼻水と涙が止まらず、ティッシュ箱が手放せない状態に。まったく集中できません。健康だけが取り柄だったのに、どうやらアレルギーになってしまったようです(これって、瞑想アレルギー?)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.