くらし情報『便の硬さは5タイプ 理想のお通じのための“朝”習慣とは?』

2018年7月21日 11:00

便の硬さは5タイプ 理想のお通じのための“朝”習慣とは?

暮らしの中で手軽にできる、腸が喜ぶ“朝”の生活習慣。これまでのルーティンをちょっと変えれば、ためないカラダが手に入ります。
「たとえば朝、時間がないからといってトイレに行くのを我慢したり、朝食を抜いてしまうことはありませんか?腸は寝ている間に作り出した便を起床後に排出する働きをしますが、このような行動が腸本来の活動を妨げる要因となるのです。まずは腸の正しい働き方を知り、心身ともに健康的な生活習慣を実践してみること。当たり前のように思えますが、それが便秘改善のための第一歩です」(おおたけ消化器内科クリニック院長・大竹真一郎先生)

先生が提案するのは“腸が喜ぶ”基本的な生活習慣。実践して、今日からためないカラダになろう!

とくに朝は、排便のために腸が動く大チャンスと言っても過言ではない。せっかくのタイミングを逃さないためにも、起床後は食事や水分をしっかり摂り、最初のトイレタイムに備えたい。

「腸の働きを司るのは、自律神経の副交感神経です。副交感神経を優位にするためには、気持ちを落ち着かせてリラックスすることが肝心。余裕のある朝時間が、スムーズな排便につながっていきます。ギリギリまで寝ていることのないように!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.