くらし情報『両親の死と直面。映画『悲しみに、こんにちは』が描く少女の再生物語』

両親の死と直面。映画『悲しみに、こんにちは』が描く少女の再生物語

2018年7月20日 18:00
 

人生とは、出会いと別れの繰り返し。なかでも、大切な人を失う苦しみには胸を締めつけられたことがあるという人もいるはず。そこで今回ご紹介するオススメの映画は、生と死に初めて触れる少女を描いたこちらの作品……。

スペインから届いた話題作『悲しみに、こんにちは』!

目次

・スペインから届いた話題作『悲しみに、こんにちは』!
・カルラ・シモン監督!
・自伝的映画にした理由とは?
・悲劇を乗り越えられたのは周囲の支えがあってこそ
・スペインが抱えていたエイズの問題とは?
・子どもたちが見せる圧巻の演技!
・自身の経験があったからこそ生まれたラストシーン
・どの瞬間も忘れられない!
・心をつかまれる予告編はこちら!
・作品情報
両親の死と直面。映画『悲しみに、こんにちは』が描く少女の再生物語


【映画、ときどき私】 vol. 179

母親を亡くし、ひとりになってしまった少女フリダ。バルセロナを離れ、カタルーニャの田舎に暮らす叔父夫婦のもとへと引っ越すこととなる。若い叔父と叔母、そしていとこのアナは、フリダを新しい家族として優しく迎えてくれるが、フリダはすべての事実を受け入れることができないまま。それは、フリダにとって “特別な夏” の始まりとなるのだった……。
両親の死と直面。映画『悲しみに、こんにちは』が描く少女の再生物語


さまざまな困難と向き合いながらも、少女が成長していく瞬間を見事に切り取った本作。今回は、特別な思いを抱きながらこの作品を制作したこちらの方にお話を聞いてきました。それは……。

カルラ・シモン監督!

両親の死と直面。映画『悲しみに、こんにちは』が描く少女の再生物語


シモン監督にとっては、本作が長編デビュー作となりますが、アカデミー賞外国語映画賞のスペイン代表に選出されたのをはじめ、ベルリン国際映画祭でも新人監督賞に輝くなど、スペインの新星として注目を集めています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.