くらし情報『寝入りばなの大きな寝返りはNG 質のよい睡眠を導く条件』

2018年8月26日 20:00

寝入りばなの大きな寝返りはNG 質のよい睡眠を導く条件

買い替えたり、季節で使い分けたりすることなく、同じものを使い続けがちな寝具やパジャマ。でも、「快眠のためには寝室全体の衣替えが必要」と語るのは睡眠コンサルタントの友野なおさん。
「四季のはっきりした日本では、季節ごとに適切な寝具を選ぶことが快眠の鍵。高温多湿の夏は、熱や湿気を逃がしてくれる肌触りのさらっとした素材を選ぶだけでも、カラダの休まり方が違いますよ」

快眠のポイントは、意外なところにも。それは、寝返り。

「寝返りは質のいい睡眠を担保するために必要なものですが、寝入りばなに大きい寝返りを何度も打つと質が落ちてしまうんです。特に、夏は背中が蒸れて、その湿度は80%以上になるという指摘もあり、寝苦しさを軽減しようと不要な寝返りが増えやすい。シーツを涼やかな麻素材に替えたり、冷感マットを加えるなど、背中の蒸れを軽減させる工夫が大切です」

ここでは、快眠のためにおさえておきたい4つのポイントをご紹介します!
湿度・温度
寝入りばなの大きな寝返りはNG 質のよい睡眠を導く条件


正しい室温は“布団の中”から逆算。冷房を正しく使ってコントロールしよう。
個人差はあれど、室温28℃を超えると人は寝苦しく感じる。「基本的に冷房は26~27℃に。湿度は50~60%が理想的。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.