くらし情報『痩せてても“脂肪肝”という恐怖 原因は意外な食べ物だった!』

2018年11月16日 20:40

痩せてても“脂肪肝”という恐怖 原因は意外な食べ物だった!

女子が気になるのはいつだって最新の美容・健康情報。アンアン編集部が徹底リサーチしたディープな「カラダにいいこと」をご紹介します。
痩せてても“脂肪肝”という恐怖 原因は意外な食べ物だった!

悲報、フルーツは食べすぎ注意!日本全国、“脂肪肝レディ急増”の実態。
長年、肝臓の健康に着目し、予防医学を提唱し続けてきた医師・栗原毅さんが、20代、30代のヘルシー志向の女性に警鐘を鳴らしています。それが、脂肪肝の危険性。

「脂肪肝は太った人、お酒が好きな人だけがなるものではありません。痩せ型で筋肉もないダイエット好きな女性に、脂肪肝が増えています」

脂肪の主な原因は、脂質ではなく糖質。食事で摂った糖質は小腸から吸収され、肝臓で中性脂肪に変化します。

「今の若い女性は糖質を摂りすぎです。特に問題なのが、果物を食べすぎること。最近の果物は甘さを優先し、糖度が高くなるよう改良されています。果糖は砂糖よりも早く体内に吸収され、肝臓に直行して中性脂肪に変わります。朝食は果物だけ、おやつもヘルシーだから果物を、なんていうことを繰り返せば、圧倒的に糖質過多。結果、脂肪肝をもたらすのです。脂肪肝になれば、カラダは錆びたり焦げたりして老化が進み、様々な病気の原因になります」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.