くらし情報『女優ジャンヌ・バリバールが語る元夫マチュー・アマルリック監督の魅力』

2018年11月15日 19:50

女優ジャンヌ・バリバールが語る元夫マチュー・アマルリック監督の魅力

今年、日本では「平成の歌姫」の引退によって、ひとつの時代が終わりを告げましたが、
どの国にも時代を象徴する伝説的な歌姫の存在はいるもの。今回ご紹介する映画は、1950年代から「シャンソン界の女王」と呼ばれていたフランスの国民的歌手バルバラの人生を描いた『バルバラ~セーヌの黒いバラ~』です。そこで、本作の裏側について、こちらの方に語っていただきました。それは……。

写真・大内香織(ジャンヌ・バリバール)

フランス人女優ジャンヌ・バリバール!

目次

・フランス人女優ジャンヌ・バリバール!
・マチュー・アマルリック監督とは強い信頼関係がある
・映画よりも人生のほうが難しいことでいっぱい
・歌手と女優で違うこととは?
・変わっている部分も含めて自分を受け入れている
・オンとオフはボタンを押すように切り替える
・女性の人生はやることがいっぱいだから疲れすぎてはダメ
・インタビューを終えてみて……。
・女の生き方は、十人十色!
・ストーリー
・美しさに引き込まれる予告編はこちら!
・作品情報
女優ジャンヌ・バリバールが語る元夫マチュー・アマルリック監督の魅力


【映画、ときどき私】 vol. 198

女優としても歌手としても活躍しているジャンヌさんですが、本作ではかつて実生活でパートナーだったフランスを代表する俳優であるマチュー・アマルリック監督の作品に主演し、バルバラを見事に演じています。そんななか、映画にかける思いや人生観などについてお話いただきました。

―このバルバラという役は、これまでも映画や芝居で何度もオファーがあったそうですが、そららはすべて断ってきたとおうかがいしました。そのなかで、今回出演を決めた理由はなぜですか?

ジャンヌ
それは監督ね。なぜなら、私にとって一番大切なのは、テーマではなくて監督であり、その監督が題材をどうとらえているかという視点がとても重要なことだからよ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.