くらし情報『萩尾望都「なんとか痛みをかわしたい…」創作の原動力を明かす』

2019年7月29日 18:20

萩尾望都「なんとか痛みをかわしたい…」創作の原動力を明かす

いつのまにか50年…

萩尾望都「なんとか痛みをかわしたい…」創作の原動力を明かす


開幕前に開かれたオープニングイベントには、萩尾先生が出席。先生は1969年にデビューし、『ポーの一族』や『トーマの心臓』、『イグアナの娘』など数々の傑作を発表し、2012年には少女マンガ家として初の紫綬褒章を受章。現在も、歴史マンガ『王妃マルゴ』を連載執筆中です。

萩尾望都「なんとか痛みをかわしたい…」創作の原動力を明かす


この展覧会をご覧になった萩尾先生は、「イントロダクションでカーテンの向こうに花びらが揺れるような画面が出てきて、あっという間に作品世界に引きずり込まれました」といい、「自分の作品なのに、ちょっとドキドキしてしまい……」と感慨深げ。さらに50年を振り返り、次のように述べました。

萩尾先生毎月、毎年締め切りに追われて描いていたら、いつのまにか50年経ちました、という感じで、「50年だよ」といわれて、「私そんなに年をとったの?」と(笑)。でも、まだまだ描きたいものもあるので、もう少しがんばっていきたいと思います。

今はわびさびの境地

萩尾望都「なんとか痛みをかわしたい…」創作の原動力を明かす


また、改めて50年分の作品を見た感想を問われると、次のようにコメント。

萩尾先生昔の絵は頭がでかいな(笑)、と自己批判ばかりですが、それなりに一生懸命描いていたという感じです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.