くらし情報『夫を亡くした女性は…インド階級差別社会の「悲惨な現実」』

2019年7月31日 19:30

夫を亡くした女性は…インド階級差別社会の「悲惨な現実」

ようやく梅雨明けを迎え、恋の季節といわれる夏本番になると、自然とラブストーリーへの関心も高まるところ。とはいえ、「ありきたりな展開じゃ物足りない!」という人も多いのでは?そこで、そんな女子にオススメの恋愛映画をご紹介します。それは……。

禁じられた恋を描いた『あなたの名前を呼べたなら』!

目次

・禁じられた恋を描いた『あなたの名前を呼べたなら』!
・監督・脚本を務めたロヘナ・ゲラ監督!
・変化はあっても解決には向かっていない
・2人の関係をより興味深いものにしたかった
・インドにおける女性の再婚問題とは?
・まだまだ話し合うべき問題はたくさんある
・小さな一歩が勇気をくれる
・胸がときめく予告編はこちら!
・作品情報
夫を亡くした女性は…インド階級差別社会の「悲惨な現実」


【映画、ときどき私】 vol. 248

インドの大都会ムンバイで、住み込みのメイドとして働く農村出身のラトナ。雇い主は、建築会社の御曹司アシュヴィンの新婚家庭のはずだった。しかし、婚約が破談となってしまい、ラトナは広い高級マンションにひとりで暮らすアシュヴィンを気遣いながら身の回りの世話をすることに。

若くして未亡人となったラトナと傷心のアシュヴィン。結婚に失敗した共通点を持つ2人は、徐々に心を通わせるようになる。ところが、インドにおける階級と因習が大きな壁となって立ちはだかるのだった……。

夫を亡くした女性は…インド階級差別社会の「悲惨な現実」


一見、身分違いの2人によるただのラブストーリーのようですが、背景にあるのは日本人の私たちにはなかなか知ることのできないインドのさまざまな問題。そこで、こちらの方に沸き上がるいくつもの疑問についてお答えいただきました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.