くらし情報『ベテラン俳優がホームレスに? シリアスと喜劇が共存する舞台とは』

2020年2月25日 19:00

ベテラン俳優がホームレスに? シリアスと喜劇が共存する舞台とは

共に劇団東京乾電池に所属し、付き合いは40年以上。そんな綾田俊樹さんとベンガルさんによるユニットが綾ベン企画。今回の『川のほとりで3賢人』では、ゲストに広岡由里子さんを迎え、多摩川河川敷に暮らすホームレスと謎の女との、切なくもおかしな物語を繰り広げる。
ベテラン俳優がホームレスに? シリアスと喜劇が共存する舞台とは


ベンガル:もともとは、劇団主宰の柄本(明)が難しい芝居ばっかりやりたがるから、じゃあ僕と綾田で違う芝居をやろうと20年くらい前に始めたのが、このユニットなんだよね。

綾田:僕らは馬鹿馬鹿しい芝居をしようってことで。

ベンガル:ただ、ここしばらくユニットの活動をしてなかったんだけど、周りからの要望が大きくて。そしたら映画監督の平山(秀幸)さんが「俺が演出やるよ」って言ってくださったんですよ。

綾田:平山さん自身、演劇が好きで東京乾電池の舞台もすごく昔から観てくれているんだよね。

ベンガル:うん。綾ベン企画も観てくれてたし。僕、平山監督の映画の長回しの撮影が好きで。やる側にしたら、すごい緊張感なんだけど。

綾田:しかも平山さんって、あまり細かい指示は出さずに、役者のやる芝居を大事にしてくださるんだよね。そういう人だから、僕らの芝居をちゃんと見てくださるだろうと思って、今回の演出をお願いしました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.