くらし情報『人種差別や偏見を詩に…ある出会いで人生が一変した少年の感動実話』

2020年7月1日 19:00

人種差別や偏見を詩に…ある出会いで人生が一変した少年の感動実話

誰にでも忘れられない思い出の曲はあるものですが、特に自粛期間中は音楽に支えられていたという人も多いのでは?そこで、音楽との出会いで人生が変わった少年の実話を描いたオススメの感動作をご紹介します。それは……。

各国で絶賛の『カセットテープ・ダイアリーズ』

目次

・各国で絶賛の『カセットテープ・ダイアリーズ』
・グリンダ・チャーダ監督
・友人でもある原作者との作業は最高だった
・ブルースの音楽にはパワフルなメッセージがある
・私たちは葛藤から知識を得て、豊かになれる
・さわやかな感動に包まれる!
・夢が詰まった予告編はこちら!
・作品情報
人種差別や偏見を詩に…ある出会いで人生が一変した少年の感動実話


【映画、ときどき私】 vol. 308

イギリスにある小さな町に暮らす16歳のパキスタン系少年ジャベド。夏のアルバイトを終え、9月からハイスクールに入学することになっていたが、同じ誕生日の幼なじみが充実した青春を過ごす姿を見て、孤独と不満を募らせる。

それに加えてジャベドを悩ませていたのは、保守的な町の人たちからの移民に対する偏見、パキスタン家庭の伝統やルールから抜け出したいという思い。古い慣習を振りかざす父親に強い反発を感じていたジャベドは、いつしか人種差別や時代を反映させた詩を書いて過ごしていた。ところがある日、ブルース・スプリングスティーンの音楽と衝撃的な出会いをはたし、“自分の言葉”を見つけられなかった彼の世界は180度変わり始めることに……。

2019年のサンダンス映画祭でのプレミア上映をはじめ、本国イギリスでも多くの観客と評論家を虜にした話題作。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.