くらし情報『トイレットペーパーから生き物が…英才教育を受けた女性の鮮烈作品』

2020年9月19日 19:50

トイレットペーパーから生き物が…英才教育を受けた女性の鮮烈作品

スマホに自分の好きなアートを自由にコレクションできたら、楽しいと思いませんか。そんな夢をかなえてくれるのが、美術鑑賞アプリ『PINTOR(ピントル)』。今回、その新サービス発表イベントに参加し、新しいアート体験のお話を聞いてきました!

PINTOR(ピントル)って?

目次

・PINTOR(ピントル)って?
・美術系日本一YouTuberとトーク!
・日本の美術館はしーんとして…
・トイレットペーパーから生き物!?
・アプリ、使ってみた!
・Information
トイレットペーパーから生き物が…英才教育を受けた女性の鮮烈作品


PINTOR(ピントル)とは、約20万点という世界中のアート作品の中から好きな絵を探したり、スマホにコレクションしたり、自分の感想をシェアすることもできるインタラクティブな美術鑑賞アプリ。

20万点という膨大すぎる数字なので、画家の名前も紹介しきれないのですが、中世の画家から印象派、ナビ派、ラファエル前派、ロスコも歌麿もバンクシーの作品までもありました。

普段なかなか見られないような有名作品をスマホでゆっくり見ることができる、まさに“手のひらサイズの美術館”です。

美術系日本一YouTuberとトーク!

トイレットペーパーから生き物が…英才教育を受けた女性の鮮烈作品


イベントでは、PINTOR代表取締役社長の高橋大地さんが登壇。高橋さんはお母さまが画家という家庭で育ち、昔からアートに興味があったそうです。

「美術館で一方的にアートを見るだけ、という現在の美術鑑賞の状態をこわし、新しいアート鑑賞体験をつくりたい」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.