くらし情報『「叫んでいる凶暴な人たち」のイメージを拭った若き台湾活動家の意外な真実』

2020年10月28日 19:30

「叫んでいる凶暴な人たち」のイメージを拭った若き台湾活動家の意外な真実

人によって青春の思い出はさまざまだと思いますが、誰にでも何かに熱中した懐かしい記憶があるもの。そこで今回ご紹介するのは、ある若者たちが自分たちの未来をつかむために戦い続けたリアルな記録を映し出した注目の映画です。それは……。

話題のドキュメンタリー『私たちの青春、台湾』

目次

・話題のドキュメンタリー『私たちの青春、台湾』
・傅楡(フー・ユー)監督
・どういう人が社会運動に参加しているか知りたかった
・社会運動はほかの学問同様に知る必要がある
・不安もあったが、達成感も味わった
・自分たちの国をそれぞれが守っていかないといけない
・自分たちの未来は自分たちでつかむべき!
・熱を感じる予告編はこちら!
・作品情報
「叫んでいる凶暴な人たち」のイメージを拭った若き台湾活動家の意外な真実


【映画、ときどき私】 vol. 335

2011年、社会運動の最前線にいたのは、台湾学生運動の中心人物である陳為廷(チェン・ウェイティン)と台湾の社会運動に参加する人気ブロガーで中国人留学生の蔡博芸(ツァイ・ボーイー)という2人の大学生。自らの訴えを必死に訴える彼らに対し、「社会運動が世界を変えるかもしれない」という期待とともにカメラを回していく。

2014年には、国民党がサービス貿易協定をわずか30秒で強行採決したことに反対した学生たちが立法院(国会)に突入し、23日間にわたって占拠。この一連の抗議活動は「ひまわり運動」と呼ばれ、台湾政治の地殻変動を引き起こした。しかし、ひまわり運動後、彼らの運命は失速していくことに……。

同じアジアではあるものの、日本にいると台湾の現状に触れる機会はなかなかないですが、現地のリアルな実情を体感できるのが本作。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.