くらし情報『宮本浩次「歌声がよく響く歌を選んだ」昭和の名曲カバー到着』

2020年11月16日 20:20

宮本浩次「歌声がよく響く歌を選んだ」昭和の名曲カバー到着

【音楽通信】第58回目に登場するのは、エレファントカシマシでの30年を超えるキャリアにして初挑戦、ひとりの歌い手としてカバーアルバムを発表する、宮本浩次さん!

【音楽通信】vol.58

幼少時代は家族の影響で歌が大好きになる

目次

・幼少時代は家族の影響で歌が大好きになる
・「宮本浩次を表現する」カバーアルバム
・「コンサートを絶対成功させたい」
・Information
宮本浩次「歌声がよく響く歌を選んだ」昭和の名曲カバー到着


ロックシーンを代表する存在として異彩を放ち続けるエレファントカシマシのボーカル、宮本浩次さん。2018年、シンガーとして椎名林檎さん、東京スカパラダイスオーケストラさんの作品に参加。2019年にソロ活動をスタートしました。

2020年3月には、1stソロアルバム『宮本、独歩。』を発表。その後、世界中がコロナ禍となるなかで、宮本さんは歌が大好きだった少年時代に親しんでいた楽曲を弾き語り、カバーする作業を行なっていたといいます。

そこで録りためた弾き語り音源から精選された12曲が、2020年11月18日に、初のカバーアルバム『ROMANCE』としてリリースされるということで、宮本さんにお話をうかがいました。

ーー今回、少年時代に親しんでいた歌をカバーされたアルバムをリリースされるということで、あらためて幼い頃に聴いたり歌ったりしていた音楽から教えてください。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.