くらし情報『「体に電気が走るよう」話題の監督が圧倒された“病の少女と不良青年の恋”』

2021年2月18日 19:30

「体に電気が走るよう」話題の監督が圧倒された“病の少女と不良青年の恋”

人生の醍醐味でありおもしろさを感じられる瞬間のひとつといえば、偶然の出会いから自分が大きく変わっていくこと。そこで、ある少女の初めての恋をヴィヴィッドに描き出していると話題のラブストーリーをご紹介します。

『ベイビーティース』

目次

・『ベイビーティース』
・シャノン・マーフィ監督
・大きなプレッシャーを感じる撮影だった
・ケミストリーは現場で一緒に育むもの
・電気が走るような感動を味わうことができた
・失うものがないからこその自由はすばらしい
・美しい映像とともに引き込まれる!
・心に刺さる予告編はこちら!
・作品情報
「体に電気が走るよう」話題の監督が圧倒された“病の少女と不良青年の恋”


【映画、ときどき私】 vol. 361

病を抱える 16 歳の女子高生ミラは、ふとしたことから不良青年モーゼスと出会う。家を追い出され、孤独だったモーゼスをミラは自宅へと食事に誘うが、母アナと父ヘンリーは、モーゼスはミラにふさわしくないと嫌悪感を示していた。

そんな両親の猛反対をよそに、ミラは怖いもの知らずで自分を特別扱いせずに接してくれるモーゼスに惹かれ、どんどんのめりこんでいく。彼との刺激的でカラフルに色づいた日々を駆け抜けていくミラだったが、病は容赦なく彼女の体をむしばんでいくことに……。

世界各国の映画祭でグランプリや観客賞を数多く受賞し、映画評論サイト『ロッテントマト』でも現在94%という高評価を得ている本作。そこで、こちらの方にお話をうかがってきました。

シャノン・マーフィ監督

「体に電気が走るよう」話題の監督が圧倒された“病の少女と不良青年の恋”


Variety 誌に「2020年注目すべき10人の監督」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.