くらし情報『【洗濯の基本】ドラム式orタテ型、選ぶ基準は? 常備したい洗剤3種とは?』

2021年3月12日 20:10

【洗濯の基本】ドラム式orタテ型、選ぶ基準は? 常備したい洗剤3種とは?

【洗うのに適しているもの標準コースで洗える色柄物】
弱アルカリ性か中性かは商品によるが、粉末洗剤よりも水に溶けやすく洗浄力は穏やか。色柄物の洗濯におすすめ。

【洗濯の基本】ドラム式orタテ型、選ぶ基準は? 常備したい洗剤3種とは?


アタックZERO レギュラー[ワンハンドタイプ]400g オープン価格(花王消費者相談室 TEL:0120・165・693)

粉末洗剤(弱アルカリ性)【洗うのに適しているもの標準コースで洗える白物】
普段着用液体洗剤より少しアルカリ度が強く、洗浄力も高い。汚れが目立ちやすい白物、Yシャツなどの洗濯に最適。

【洗濯の基本】ドラム式orタテ型、選ぶ基準は? 常備したい洗剤3種とは?


4種の酵素を配合。トップ プラチナクリア 900g オープン価格(ライオン お客様センター TEL:0120・556・973)

洗濯前の下洗いで、洗い上がりが変わる!

【洗濯の基本】ドラム式orタテ型、選ぶ基準は? 常備したい洗剤3種とは?


洗濯機がいくら進化しているとはいえ、全自動ですべての汚れを完璧に落とすのは無理。あくまで洗濯機はまんべんなく汚れを落とすものであり、ピンポイントの汚れには弱い。

「シミはもちろん、衿や袖口など部分汚れが気になる時は、洗濯機で洗う前に下洗いを。つけ置きや部分洗い、ブラッシングなどをすることで汚れが落ちやすくなります。このひと手間で洗い上がりは確実に違ってきます」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.