くらし情報『結城アンナ、若い頃は「怖いもの知らず(笑)でもね…」超ポジティブ思考の秘訣』

2021年12月3日 19:00

結城アンナ、若い頃は「怖いもの知らず(笑)でもね…」超ポジティブ思考の秘訣

名声を得た後も農家の主婦として自然体で暮らし続け、101歳で亡くなりました。

自然に囲まれた農村での暮らしを愛し、その風景や身近な出来事を描いたグランマ・モーゼスの作品は、素朴で温かく、優しさに満ちています。彼女のステキな生き方や作品の魅力について、公式サポーターの結城アンナさんに語っていただきました。

結城アンナさん!

結城アンナ、若い頃は「怖いもの知らず(笑)でもね…」超ポジティブ思考の秘訣


モデル・タレントとして活躍されている結城さんは、スウェーデン生まれ。10代から日本で元祖ハーフモデルとして活動をはじめ、雑誌『anan』の草創期にも登場されています。

俳優の岩城滉一さんと結婚し、出産されたあと30代で専業主婦となり、60代から芸能活動を再開。北欧スタイルを取り入れた暮らしをインスタなどで発信し、そのシンプルで自然体な生き方は世代を超えて支持されています。

ネガティブなことが何ひとつない!

結城アンナ、若い頃は「怖いもの知らず(笑)でもね…」超ポジティブ思考の秘訣


――まず、展覧会をご覧になって、全体的な感想を教えていただけますか。結城さんつらいことがいっさい絵に出てこないのが、すごくステキです。農村での暮らしはいろいろ大変なことがあったと思いますけど、いっさい絵に出ていない。すごくポジティブ。見ていて私もハッピーになりました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.