くらし情報『“王道”小山薫堂に“余裕の塊”太田和彦…知的オーラの「大人の男」』

2016年11月10日 12:00

“王道”小山薫堂に“余裕の塊”太田和彦…知的オーラの「大人の男」

放送作家の小山薫堂さん。

豊かな教養、ジェントルな雰囲気、穏やかで説得力のある話し方、そして少年のような無邪気さ。学者や作家、建築家…知性を感じる大人の男の魅力について、作家の山内マリコさん、放送作家の勝木友香さん、ライターHが女子トークで盛り上がります!

***

ライターH(以下H):大人の男の中でもここでは“知的な大人の男”の魅力を語り尽くそうと思うわけですが、そんな矢先、今年も日本人がノーベル賞を受賞したというニュースが!

山内:大隅良典栄誉教授ですね。最近には珍しい見事な髭なので、明治時代の偉人のような風格を感じました!五千円札に刷りたくなっちゃうほど素敵なおじさまですよね。

勝木:私は照れを隠しながらも“ワイフ”と呼ぶ姿に胸キュンでした。

H:研究命!という方の、意外な素顔が垣間見えたりすると萌えますよね~。お二人は仕事で文化人に会う機会も多いと思いますが、“この人にグッときた”という経験はありますか?

勝木:まっさきに思いつくのは、王道、小山薫堂さんかな。

山内:あ~わかる!

勝木:同業者ということもあって、初対面の時は構えていた部分もあったんですね。でも、会った途端にトゲトゲした気持ちが吸収されてしまいました(笑)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.