くらし情報『いま明かされるエリザベス女王の素顔「ここまでユーモアのセンスがあるとは…」』

2022年6月15日 19:00

いま明かされるエリザベス女王の素顔「ここまでユーモアのセンスがあるとは…」

2022年を語るうえで欠かせないひとりといえば、英国君主のエリザベス女王。今月初旬には、在位70周年を祝う記念行事「プラチナジュビリー」が行われ、世界中から祝福の声が上がりました。そこで、まさにいま観るべき注目のドキュメンタリー映画をご紹介します。

『エリザベス女王陛下の微笑み』

目次

・『エリザベス女王陛下の微笑み』
・ケヴィン・ローダーさん
・見習うべきは、他人や世界に対する好奇心
・少女時代に学んだことを自身の人生で体現している
・観客のみなさんと一緒に歩んでいる感覚を味わえる
・人々が愛さずにはいられない理由がある!
・もっと知りたくなる予告編はこちら!
・作品情報
いま明かされるエリザベス女王の素顔「ここまでユーモアのセンスがあるとは…」


【映画、ときどき私】 vol. 492

1952年に25歳の若さで即位し、いまや“世界でもっとも有名な女性”とも呼ばれるエリザベス2世。100年近くになる人生のなかで、さまざまな歴史や文化、そして事件と向き合ってきた。

“お城に住むお伽話の主人公”のような存在であり、実態はベールに包まれてきたが、1930年代から2020年代までのアーカイブ映像で明かされるのは、ゲームや競馬にはしゃぐキュートな姿や各世代のスーパースターたちとの華やかな様子。そこから垣間見ることができるエリザベス女王の素顔とは……。

本作は、『ノッティングヒルの恋人』などを生み出し、多くの映画ファンに愛されたロジャー・ミッシェル監督が手掛けた最後の作品。コロナ禍で次回作の撮影ができないなか、2021年9月に急逝する直前まで新たな試みに挑戦し続けた意欲作です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.