くらし情報『キッチンや本屋をシェア? 急増中の“スペースシェア”の魅力に迫る』

キッチンや本屋をシェア? 急増中の“スペースシェア”の魅力に迫る

長年やりたかったことをこれから始めるなら、ぜひおすすめしたいのが、街なかに増えている“スペースシェア”の活用。一つの場所を同じ夢や目標を持つ人と共有する、そんな新鋭のサービスを使いこなして、憧れのキャリアや気になる趣味に今こそトライしよう。

個が力を持つ時代こそ“場の共有”が最適解。

目次

・個が力を持つ時代こそ“場の共有”が最適解。
・“スペースシェア”を読み解くKeyword
・スペースシェアの現場Voice
キッチンや本屋をシェア? 急増中の“スペースシェア”の魅力に迫る


都市部を中心に畑やカフェなどの空間を共有するサービスが急増。そんな“スペースシェア”が増えている理由を、マーケティングライターの牛窪恵さんが分析。

「昔は場ありきで人が集いましたが、ネットの普及で“人が人を呼ぶ時代”になり、一つの場所にとどまる必然性が薄れました。またSDGs志向が強まり、既存のモノやサービスを有効活用する意識にシフトした結果、スペースシェアの需要も高まっています」

会員制シェアキッチンを営む『おへそキッチン』代表の小野円さんは、働き方の多様化に着目。

「副業が広がった結果、作業場所を探す人が増えました。
また横の繋がりに重きをおくフリーランサーにもスペースシェアは適しています」

仕事以外の価値も、『渋谷書店』管理人の横石崇さんは推す。

「初期費用をかけずにやりたいことを始められるというコストパフォーマンスの良さも魅力ですが、最大の利点は場所を介して仲間と出会い、自分らしい生き方ができるようになることだと思います」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.